沖縄のセフレの匂いが嫌いです

沖縄のセフレなこと

見えない

心に根付いている言葉を紹介しました。

沖縄のセフレが何かに気づいていてもいいですか。

時には私が生きたいのか死にたいのかわからない。

私は病院の匂いが嫌いです。

沖縄でセフレ

一日中白い天井を見て、その臭いをかいで、甘くて酸っぱい、痛みを伴う、痛みを伴う、そして悲しい思い出は満たされました。

私は正直でした。

とにかく、私は寝たいです。
私は私の体と心を傷つけました、私はすべてを忘れて逃げたいと思いました。

沖縄のセフレは永遠に眠りにつくだろうならそれはよかったでしょう。

私はきっと永遠に一人だからです。

まだ意識的な心の中で私を失望させたのはきっとあなたでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です