那覇にセフレが集められるべきだった

今はほとんど私のようです…

意図せずに受け取る

見てみると、片足がなくなっている
何が起こったのだろう

通常の樹液で木に連れて行く
那覇にセフレが集まって元気になる

そして私が木に近づいたとき
それ! ?木はありませんか?
樹液はありませんか?
往復3回、まだ証拠なし

那覇にセフレは以前と同じくらい集められるべきだった
何かに挟まれたようです
まるで幻であるかのように

この夏の終わりのように
たくさんの考えが一度に来ました
涙があふれている

那覇にセフレの手の甲虫は静かです

家まで連れて帰ってください
いっぱいにさせて
森に戻そう

あなたはこの夏に住んでいます
いくつの夏がありますか

あなたはまだこのように考えていますか?
まだ多くの課題がありますか?
どのくらい克服しなければなりませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です