当時は生活をしていた那覇の出会い

80年代、90年代は大沢芳之さんと岡村ちゃんでした。
岡村康之さんと一緒にTMネットワークを追っていました。
YMOは別の胃です。那覇の出会い

3人とも言えるのは、みんな歌詞にとらわれていたことです。
大沢さんは銀色の夏の生活をしていて、
岡村は自信を持っている、
TMは小室美都子さんの作詞家です。

那覇の出会い大沢の曲はしばしば同じ曲名と合唱を持っています。
<ベルのリズムが悪い>
<そして私は途方に暮れている>
<ハートブレイク神経症>
<スクープ>那覇の出会い
私はたくさん聞いていました、
当時LPレコードでした。
今は信じられません、私は針を使って溝のあるディスクを研削しました、
デジタルデータの世界から、音楽を聴く
なんでしょう?そうですか…
本当に、開発者は素晴らしいです!

岡村ちゃんは男の子をくすぐります
あなたは若者だった。
<ブルーアウト>
<愛>
<死にかけている>
<ステップアップ↑>
アルバムでは<ティーチャー>を強くお勧めします。
私は天才です。
歌詞では(歌詞ではないかもしれません)、
<死にかけている>
「誇らしげにFUZZとベッドシーツを修正したい」
天才すぎる!
50歳を超えていても、岡村ちゃんだけが好きかも。那覇の出会い

TMに関しては、やはり<SELF CONTROL>
「絡み合ったアダムとイブ:駆け抜けるボニーとクライド」
魅了されました。

多くの天才の葉と言葉で、
青春とは楽しかったと思います。
ありがとうございました。

4月1日、一時休憩

雨が降っていて、給料日の直前に転がっている場合
今回は眠れません(-_-;)

ちなみに、風邪が給与に影響を与えるため、私が働いている会社は70%少ない仕事です。
お金を無駄にできない那覇の出会い

政府はまだ特定の経済的支援を決定しておらず、2つのマスクのみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です